ワシントン D.C.の 思い出は、、


アメリカの話題で 世間は盛り上がっていますが、

人生 アメリカに行ったのは ただの1回、

それも あまり 観光としては 意味のない
ワシントン D.C.

個人旅行だったので ワシントン郊外の
ダレス空港から ワシントンの市街地に行くのに
悩みました。

ワシントンのタクシー事情もわからないし
( 疑っている )、多分大丈夫な リムジンバスに
乗りました、
が、
客は 他には 若者が 1組だけだったような、、
しかも ワシントン市街地までは 行ってくれなくて
乗り換えのための バスターミナルで 降車します。

バスターミナル! というより、
だだっ広い スペースにバス停があるだけ。

しかも またしても 怪しいティーンネイジャーと
思われる若者たちが たむろ、、

必死に 乗り換えるため 地上の地下鉄ターミナルに
駆け込みました、
が、
がーん、
ひとっこひとりいません。
しかも、切符自動販売機に入れる コインがない!
あわてふためいて 周りを見回したら
黒人の駅員さんがひとり 改札口にいました。

お札で 切符を買う手順を教えてもらい 無事切符
購入、

地上のホームにでると 少し和らいだ雰囲気があって お客さんも ちらほら、、


地下鉄の中は、日本と変わりなく
不穏な モードもありません。

降りる駅を間違えないように 路線地図をガン見。

ワシントンの 中心( 地名もわすれましたが )の駅で
降車、ほっとするのも つかの間、

地下の ホームは日本のお化け屋敷くらい? 暗いし、
異様に天井の高いドーム型通路には
人もいないし、暗い、、

同時に降りた もう一組の お客さんは スタスタ出口に向かうので 見失なわないように 必死で後を
追います

無事 明るい地上に出て ほっとしたのもつかの間、
またしても 無人、、
頭にたたき込んだ ホテルまでの道順どおりに
歩きます。
大きな、大きな交差点にでます。

交差点の 各角ごとに 人が立っています。

???

交通指導員かい

スーツケースをガラガラ引きながら渡りますと

今まで立っていた ” 交通指導員 ” が スーと
移動、、

? ? ?

きゃー!

ついて来ないでっ !

すぐ近くに 聞いたことのある デパートメーシーズが、、、避難を兼ねて
エントランスから入場を試みるも 今度は 数人の
” ガードマン もどき ” が エントランス前に籠城、、
メーシーズに入るのは諦めて

自分史上最高速度で 歩くも 無理。

少し先に 見なれたブランド
” バナナリパブリック ” のブティックが、、

とりあえずの 避難。

お店屋さんの ” Hello ! ” の声に ほっ。

” Hello ! ” と 答えながら 意味なく お店を一周。


少し 間を置いて 再挑戦、

店外には 先ほどの交通指導員もどきはもういなく

今まで以上の 全速力で ウォーキング、

目指す ホテル ハイアットらしき 壁を見つけるも
デカい、
グルグル回って 正面玄関までの 長かったこと、、


これが私の アメリカ

唯一の思い出 Washington D.C.


続きは

また 、、


つまらない旅行記 読んでくださってありがとう
ございました、、


テレビで ワシントンを見ていたら思い出してしまったので、、

m(__)mm(__)m

.

[PR]
by mypottea | 2017-01-20 07:31 | Comments(0)

子育ての終わった子供のこと、日々のできごとを


by mypottea
プロフィールを見る
画像一覧